平成27年12月21日 330-B地区4R2Z ゾーン幹事会及びゾーンミーティング

平成27年12月21日に,川崎日航ホテルにおいて,330-B地区4R2Zのゾーン幹事会及びゾーンミーティングが開催されました。

ライオンズクラブは,We serveの精神で,一人ではできないような社会貢献をクラブのメンバーが力を合わせて行っています。

さらに,ゾーンには複数のクラブが所属しており(当ゾーンは7クラブ),単独クラブで行うよりも大規模な社会奉仕(アクティビティ)が可能になります。今年度も,当ゾーンでは,盲導犬募金チャリティゴルフ等の有意義な社会奉仕活動をしてきました。

こうしたゾーンの活動について議論する場が,毎月の幹事会と,数か月に1回のゾーンミーティングです。今回も,ここまでのアクティビティの成果報告に加え,今後のゾーンでの活動について意見交換がなされました。

附田徳志ZCによる挨拶。「祝婚歌」という詩の紹介がありました。「正しいことをいうときは 少しひかえめにするほうがいい」といった内容は,ライオンズの活動にもいえることではないかとのお話しでした。
附田徳志ZCによる挨拶。「祝婚歌」という詩の紹介がありました。「正しいことをいうときは 少しひかえめにするほうがいい」といった内容は,ライオンズの活動にもいえることではないかとのお話しでした。
深沢正吉ZSによりゾーンミーティングの議事が進行されます。平成27年10月に実施したアイメイト募金(総額426,966円)についての報告がありました。また,ゾーンで実施したチャリティゴルフの寄付先として福島県南相馬市のシーズプラス・マーチングバンドを選定することについて承認されました。
深沢正吉ZSによりゾーンミーティングの議事が進行されます。平成27年10月に実施したアイメイト募金(総額426,966円)についての報告がありました。また,ゾーンで実施したチャリティゴルフのチャリティ金100万円の内一部を寄付する対象として福島県南相馬市のシーズプラス・マーチングバンドを選定することについて承認されました。
石田真一RCによるご挨拶。
石田真一RCによるご挨拶。
会議後は,第二部の懇親会となりました。内藤尚剛RSによる乾杯のご発声。
会議後は,第二部の懇親会となりました。内藤尚剛RSによる乾杯のご発声。

L 澄川 圭 記